岡村宇太郎花鳥動物画の魅力/国画創作協会の画家たち

展覧会情報

岡村宇太郎花鳥動物画の魅力/国画創作協会の画家たち

開催期間

2021年4月3日 〜 2021年5月16日 まで

概要

「生ルルモノハ藝術ナリ」の宣言に始まり、 大正 7年(1918)、京都の若き 日本画家たちによって国画創作協会が創立されました。 当時 20~30歳前後 だった画家たちは従来の日本画の価値観にとらわれることなく、個性と創作 の自由を尊重し、 生命感あふれる芸術の創造を目指して活動を展開しました。 同協会は中断期間も含めて昭和3年(1928)の解散まで、 わずか10年の活動 期間となりましたが、 日本の絵画史上大きな役割を果たしました。

本展は、同協会展に出品を続けた南丹市出身の画家岡村宇太郎が没後50年 という節目をむかえることから、宇太郎の初期から晩年の作品を紹介し、そ の画業を振り返ります。

また、 土田麦僊、 小野竹喬、 村上華岳、 野長瀬晩花、 榊原紫峰、 そして第 1 回国展後に会員となった入江波光を含めた主要 6 作家をはじめ、京丹波町 の出身の澤田石民、 妖艶な美人画を描いた岡本神草や甲斐庄楠音など19人の 画家の代表作を一堂に展示します。 新しい日本の絵画を生み出そうとした当 時の若者たちの苦悩と挑戦の末に生まれた作品の数々をご覧ください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!