SHOKUNIN pass/path

展覧会情報

SHOKUNIN pass/path

開催期間

2021年11月6日 〜 2022年1月23日 まで

概要

『職⼈は⼿の中に脳がある』イタリアのデザイナー、エンツォ・マーリのこの⾔葉は、職⼈が⼿から⼿へと言語を介さず繋いできた思想や哲学体系があることを伝えています。中川⽊⼯芸の中川周⼠⽒と開化堂の⼋⽊隆裕⽒が、2017年のミラノサローネで発表した同タイトルの展⽰を起点に始まった取り組みである本展は、英語の「Craftsman」や「Artisan」とは異なる意味や性格を持つ「職⼈」という⾔葉と、職⼈による「職⼈性」への探究によって、それぞれの作り⼿としての現在地を⽰し、これからの⼯芸の座標を映し出します。
会期中は、中川⽊⼯芸と開化堂に朝⽇焼、⾦網つじ、⼩嶋商店を加え、5つの⼯房が繋いできた「今」が⾒えてくる展⽰と、⼯芸を軸にしたシンポジウムやワークショップを開催いたします。※社会状況に応じて、開催内容を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!