畠中光享東本願寺御休息所襖絵完成記念釈尊への憧憬展

展覧会情報

畠中光享東本願寺御休息所襖絵完成記念釈尊への憧憬展

開催期間

2021年6月8日 〜 2021年7月31日 まで

概要

 このたび大谷大学博物館では、本学卒業生であり、仏教を題材とした絵画を数多く制作されている日本画家畠中光享先生の展覧会を開催させていただくこととなりました。
 畠中先生は2019年12月、真宗大谷派(東本願寺)御休息所に襖絵および掛軸を寄進されました。一般には公開されることのない御休息所ですが、今回特別に展観させていただくことになったもので、大変に貴重な機会となります。
 浄土真宗正依の経典である『浄土三部経』(仏説無量寿経、仏説観無量寿経、仏説阿弥陀経)の風景を描いた襖絵「霊鷲山五山西方浄土観想」「祇園精舎香堂趾寂静」、ブッダガヤや前正覚山の光景、釈尊ゆかりの植物などを描いた襖絵、さらに屏風など、釈尊の御生涯、仏教の世界と出遇うことのできる多数の作品を、先生ご自身のお言葉とともに紹介させていただきます。
 最後になりましたが、本展開催にあたり多大なご協力を賜りました関係各位に、厚く御礼申し上げます。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!