まるごと! 龍谷ミュージアム—開館10周年記念館蔵品展—

展覧会情報

まるごと! 龍谷ミュージアム—開館10周年記念館蔵品展—

開催期間

2021年4月17日 〜 2021年6月27日 まで

概要

2011年4月、龍谷大学 龍谷ミュージアムは 他に例のない“仏教総合博物館”として、世界遺産・西本願寺前に誕生しました。龍谷大学は西本願寺境内に設けられた教育施設「学寮」に淵源を持ち、以来380年に渡って仏教文化の研究を重ねてきました。ミュージアムは大学の研究蓄積を基盤に、全国の寺院・個人・関係機関の協力を得ながら、国や地域・宗派を超えた多彩な展覧会を開催し、広く社会に仏教文化の魅力を発信してまいりました。

そして2021年春、早くも開館10周年を迎えました。本展はこれまでのミュージアムのあゆみを振り返るとともに、この10年間にミュージアムの館蔵品となった文化財(一部、寄託品を含む)を一堂に公開するものです。展示される作品は、インド北西部のガンダーラ地方から出土された「仏伝浮彫」から、江戸時代に普及した庶民向けの読本まで、実に多岐にわたります。館蔵品を通して 、ミュージアムの根幹である“仏教総合博物館”の理念と、仏教文化の多様性をわかりやすく、楽しく体感していただきます。

本展では龍谷ミュージアム初の試みとして、展示作品を含む会場内の撮影をOKとしています。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!