「無事」という境地—山本有三「無事の人」をめぐって