さしえ、華やかなりし頃—清方が受け継ぐ挿絵の美—

同じ会場の展覧会