藤田嗣治布との対話—筒描・藍染を慈しむ—