広重展—天才浮世絵師が描く日本名所紀行—

展覧会情報

広重展—天才浮世絵師が描く日本名所紀行—
TimeTreeで予定登録する Googleで予定登録する
終了(予定登録はできません)

開催期間

2021年9月18日 〜 2021年11月14日 まで

概要

江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川広重(1797~1858)は、日本各地の名所や名物を巧みな画力、大胆な構図そして独自の感性で描いた風景版画によって、日本国内のみならず世界中で親しまれています。本年は広重が描いた初期の風景画の名品を収録した川口屋正蔵版「東都名所」が刊行されてから190年の節目にあたり、なかなか遠出の外出が難しいご時勢でも「名所めぐり」の旅気分を楽しんでいただこうと広重の浮世絵版画展を企画しました。本展では三重県亀山市(元・かめやま美術館)で蒐集されていた作品を中心に、広重の風景版画を約150点展示します。

 本展では広重の代表作、保永堂版「東海道五拾三次之内」の全57作品が揃うほか、「木曽海道六拾九次之内」など広重の様々な版画シリーズの作品を紹介します。それぞれの色合いや作品の大きさ、主題といった個性を見比べてお楽しみください。また、当地ゆかりの「丹波 鐘坂」が収録されている「六十余州名所図会」シリーズの作品は、豊橋市二川宿本陣資料館から借用する作品や当館の館蔵品と合わせて展示します。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!

同じ会場の展覧会