日本洋画コレクションを核に絵がつづる人間模様特別展示—彫刻家のデッサン

展覧会情報

日本洋画コレクションを核に絵がつづる人間模様特別展示—彫刻家のデッサン

開催期間

2021年10月12日 〜 2021年12月19日 まで

概要

今日私たちの美術として盛んに描かれ、鑑賞されている日本洋画も、その始まりは渡来の美術でした。幕末から明治にかけて、多くの画家が「和魂洋才」を掲げ、日本の洋画として確立しようと歩んできた苦難の歴史でもあったといえるでしょう。

当館の日本洋画コレクションには、さまざまな思想や方法で日本の洋画を構築した画家たちの作品が顔を揃えています。例えば、日本近代洋画のアカデミズムの支柱であった藤島武二の《裸婦》や、たっぷりとした描線に装飾性を加味した安井曾太郎の大正期の代表作《黒き髪の女》、チューブから捻り出した油絵の具による鮮烈な筆致で描いた林武の《雲富士》、卓越した描写力と気品ある人物画を描いた神戸ゆかりの小磯良平の《婦人像》、豊潤な色彩と確かな造形力の田村孝之介の《姉妹》、そして三岸節子の強烈な感情表現が漲っている重厚な絵肌を持つ《花》。

本展は、春季コレクション展「印象派からエコール・ド・パリの作家たち」でご紹介した画家たちと同じ、または少し後の時代。佐伯祐三や岡鹿之助といった画家たちが海外で学び、さらに日本でどのように道を拓いたのか。近代から現代にかけて多彩な展開を繰り広げてきた日本洋画の変遷や、自身の表現を探究した軌跡をご覧いただくことで、ともに切磋琢磨した画家たちの熱き想いを感じていただけるのではないでしょうか。

併せて、神戸の美術の発展に力を尽くした網谷義郎、西村功、中西勝、鴨居玲、松本宏らの作品から、中央の美術界と伍して、新しい時代の到来を告げるような気概をご覧いただきます。

また今回、特集展示として彫刻家のデッサンをご紹介します。彫刻は触覚空間の芸術ともいわれ、近・現代の日本の彫刻家たちの眼をとおして描かれた、紙の上の彫刻をお楽しみください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!