細見古香庵生誕120年記念美の境地

展覧会情報

細見古香庵生誕120年記念美の境地

開催期間

2021年8月24日 〜 2021年10月17日 まで

概要

 細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901~79)。
 蒐集した美術品は土器にはじまり、仏画、和鏡、密教法具、茶の湯釜、根来、七宝など多岐にわたります。古香庵はこうした蒐集品を茶会やもてなしの場で用いてきました。その独自の美意識は当館の展示スタイルにも大きな影響を与えています。

 本展では生誕 120年を記念し、古香庵が既存の価値観にとらわれず、厳しくもユニークな鑑識眼で蒐集した作品を紹介します。
 中でも、“モノの形の厳しさと甘さ”を学んだ平安時代の「金銅五鈷鈴」などの金工品や、“世界最高の美術品は日本の藤原時代の仏画である”という信念のもと蒐集した「愛染明王像」や「普賢菩薩像」、敬愛した豊臣秀吉を描く「豊公吉野花見図屛風」、茶の湯釜に開眼するきっかけとなった「芦屋霰地楓鹿図真形釜」は、古香庵の美意識の核心をなす作品といえます。

 この機会に、古香庵愛蔵の品々と対峙し、執念のコレクターが至った“美の境地”に触れてみてください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!