特集展示大阪の太子信仰—旭区太子橋の太子講資料—

展覧会情報

特集展示大阪の太子信仰—旭区太子橋の太子講資料—

開催期間

2021年9月1日 〜 2021年10月25日 まで

概要

大阪歴史博物館では、令和3年(2021)9月1日(水)~10月25日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「大阪の太子信仰―旭区太子橋の太子講資料―」を開催します。

平成12年(2000)まで、大阪市旭区太子橋の民家で、聖徳太子を祀る太子講という行事が営まれてきました。この太子講には、かつては多くの参詣者が訪れ賑わったといいます。この地域は、江戸時代の天王寺庄村(現在の東淀川区と旭区との一部)にあたり、聖徳太子が四天王寺創建の地を求めてこの地を訪れたとする伝承が、周辺の村々とともに残されています。

本展示では、平成12年度にご寄贈いただいた、太子講で用いられた太子像や太子絵伝などの掛軸、それを祀る祭具などを通じて、この地域での太子信仰の広がりをご紹介します。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!