歌川国芳展—浮世絵界の風雲児—

展覧会情報

歌川国芳展—浮世絵界の風雲児—
TimeTreeで予定登録する Googleで予定登録する
終了(予定登録はできません)

開催期間

2021年7月22日 〜 2021年9月26日 まで

概要

 このたび、奈良県立万葉文化館では、「奇想の絵師」とも評される江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川国芳(1797-1861)を取り上げた展覧会を開催します。
 歌川派の礎を築いた初代・歌川豊国の弟子であった国芳は、雌伏の時代を経て描いた「水滸伝シリーズ」で一躍人気を博しました。華やかで力強い武者絵を得意とした国芳ですが、彼の独壇場となったのは戯画やパロディ絵の領域です。小さな裸体の人物を組みあわせて人の顔をあらわす「寄せ絵」や、動物たちを擬人化した作品にみられるユーモアに満ち溢れた表現は今なおその輝きを失うことはありません。本展ではさらに、叙情に満ちた美人画や、西洋の表現が取り入れられた作品、一点物となる肉筆画など多様なジャンルの浮世絵を展覧、国芳の魅力へと迫ります。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!

同じ会場の展覧会