受贈記念柳原睦夫花喰ノ器

展覧会情報

受贈記念柳原睦夫花喰ノ器

開催期間

2021年8月11日 〜 2022年2月6日 まで

概要

柳原睦夫(1934–)は、高知市に生まれ、京都市立美術大学(現在の京都市立芸術大学)で富本憲吉(1886–1963)に陶芸を学びました。その後、アメリカのワシントン大学やアルフレッド大学に招聘され、1960年代から70年代にかけて数度に渡り約5年間をアメリカで過ごしました。抽象表現主義やポップアートに代表されるアメリカ美術の動向を現地で体感し、帰国後には鮮烈な金銀彩を用いた独特の造形作品で注目されます。ただし作家はむしろ「絶対に陶芸を捨てない」という意識の中で、日本のやきものの豊かな文化の連続性を否定せず、現代における新しい表現を模索してゆきます。柳原は、陶芸のおもしろさを「個人の表現としてソリストにもなれるけれども、アンサンブルがたちどころにできること」だと言います。
 本展は柳原睦夫作品4点の受贈を記念し、個人蔵を加えた柳原作品約40点とともに、柳原の作品に杉田一弥が花を活けた写真約10点を併せて展示することで、作家がテーマとしてきたやきものの作品性を改めて見直します。
 作品をご寄贈くださいました大森敬吾氏(MUSEUM李朝)、木村嘉子氏、杉田一弥氏、杉山道夫氏に心より御礼申し上げます。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!