世界の船の造形

展覧会情報

世界の船の造形

開催期間

2021年7月10日 〜 2021年10月24日 まで

概要

今夏は、日本玩具博物館の「乗りもの玩具コレクション」の中から、「船」をとりあげ、世界約50ヶ国から特徴ある船のひな形や玩具、約300点を集めて、造形の魅力をさぐります。

船は、人間がつくった乗りものの中でも、最も古い歴史をもっているといわれます。玩具の船もまた、遠い昔から身近にある素材で様々なものが作られてきました。木の葉や木の皮など、自然物を利用した船の玩具は、日本の子ども達が遊びの中で伝承してきたものであり、驚くほど古い歴史を持っています。
大人達もまた、仕事の合間に、身近にある船をまねて、子どもの喜ぶ小さな船を作りました。運輸の船、漁業の船、祭礼の船などを模して作られるひな形の数々は、各地の船の特徴や暮らしの姿を伝えています。

また、世界の船の玩具を見渡すと、ゼンマイ、ゴム、ロウソクの火、さらに電池を利用するなど、水上を走らせる仕掛けに工夫がこらされているのがわかります。それぞれの玩具に込められた知恵は、子ども達の心に科学的な視点を育んでいきます。

本展では、日本を含むアジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカーーと地域ごとに民族色豊かな船をご覧いただき、ユニークな造形をお楽しみいただく夏らしい展覧会です。新型コロナ感染症のパンデミックによって海外への旅もままならぬ日々、海を模した水色の展示室のなか、船のひな形や愛らしい玩具を通して、世界の国々の暮らしに思いをはせ、旅をお楽しみいただければと思います
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!