上方界隈、絵師済々Ⅱ

展覧会情報

上方界隈、絵師済々Ⅱ

開催期間

2021年7月3日 〜 2021年8月22日 まで

概要

蕪村に憧れ呉春を慕う、耕夫・孔寅・公長
18世紀の後半に京都で起こった円山・四条派による絵画様式の流行は、大坂にも伝わります。大坂ではその様式を学んだ上田耕夫<うえだこうふ>(1760-1832)、長山孔寅<ながやまこういん>(1765-1849)、上田公長<うえだこうちょう>(1788-1850)などが活躍しました。彼らには与謝蕪村<よさぶそん>(1716-1783)への私淑や、呉春<ごしゅん>(1752-1811)との師弟関係など、2人への敬慕という共通点があり、その作品は、京都での流行をそのまま取り入れたのではなく、親しみやすさや気軽さなどそれぞれの個性が表れています。
本展では、大坂で活躍した3人の絵師とともに、彼らが憧れた蕪村・呉春の作品を紹介し、大坂における画壇の展開をご覧いただきます。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!