「いじわるばあさん」(長谷川町子記念館)

展覧会情報

「いじわるばあさん」(長谷川町子記念館)

開催期間

2021年4月24日 〜 2021年9月26日 まで

概要

 昨年は、「長谷川町子(1920-1992)生誕百年」を記念して、新たにオープンした分館・長谷川町子記念館と共に、様々な展覧会を開催してまいりました。コロナ禍の中、御来館のお客様方には検温や消毒、マスクの着用など、多大なご協力を賜り、深く感謝しております。お蔭様で何事もなく、無事に桜の咲く春を迎えることができました。思い返せばこの一年間は、世界中の人々が一様に我慢を強いられた年でもありました。今年から、やっとワクチンも接種され始め、少しずつではありますが、私達はあたりまえの日常にむかって前進しています。ただ、やはり一年間も我慢を強いられてきたのですから、心身ともに疲れが出てくるのは仕方のないことです。
 この度、長谷川町子美術館では、「深く息を吸って-緑の世界」と題し、収蔵コレクション展を開催いたします。緑色は人の疲れをいやし、目を休ませ、緊張をときほぐし、穏やかな気持ちを与えることができる効果があるそうです。今回の展覧会では、タイトルにも使用した伊藤龍彦「深く息を吸って」、水口裕務「流れ」、藤井勉「杜の陽」などの油彩画や水彩画、那波多目功一「五月の頃」、松本勝「立夏」などの日本画など、自然をテーマにした美しい緑の風景が並びます。また、ガレやティファニーなど、草花をモチーフにしたガラス作品もご紹介いたします。まだ当分の間、館内ではマスクを着用していただかなければなりませんが、それでも思わず深呼吸をしたくなるような、そんなさわやかな空間を、皆様にお届け出来れば幸いです。
どうぞゆっくりとご堪能ください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!