久万美メッセ自由の再来三好滋展

展覧会情報

久万美メッセ自由の再来三好滋展

開催期間

2021年4月17日 〜 2021年9月26日 まで

概要

1964年、戦後の前衛美術を発表する場であった「読売アンデパンダン展」が廃止された。このことをきっかけに全国各地で野外展が開かれ、前衛美術を発表する場が生まれる。この動きは愛媛も例外ではない。1969年、70年に松山市で開催された「愛媛野外美術展」は、県内・近隣の県から集まった芸術家が、自己のエネルギーを解放させた展覧会であった。彼らの動きは、それまで閉鎖的であった愛媛の美術界に、新たな流れを呼び込んだ。

60年代後半より積極的なグループ活動を行っていた三好滋(今治市生まれ。1937-)も、そのうちの一人である。「愛媛野外美術展」以後も当時の精神を維持し時代を問い掛ける作品を発表してきた。

現代、愛媛の美術活動には、かつてほどの活発な動きは見られない。窮屈な時代を生きる私たちにとって、自由であった時代を見つめ直すことは、新たな自由、活性化への道標となるだろう。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!