古典人形の魅力—その表情と衣裳—

展覧会情報

古典人形の魅力—その表情と衣裳—

開催期間

2021年3月9日 〜 2021年6月13日 まで

概要

日本における人形(ひとがた)の歴史は「信仰」や「まじない」から生まれた土偶に始まり、埴輪、形代(かたしろ)、なでもの、這子・天児(ほうこ・あまがつ)といったように時代とともにその形容を変化させていきました。本展覧会では江戸中期頃に作られた御所・嵯峨・賀茂人形を中心に、鑑賞用としての色合いが濃い優品を紹介致します。愛らしい稚児の御所人形、精神性豊かな童子や市井の風俗を題材にした嵯峨人形、可愛く小さな世界を表現した賀茂人形、その表情と衣裳にも注目していただき、それぞれが醸し出す人形美の一端に触れていただければ幸いです
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!