グラバーが運んだみらい展蒸気のひみつ

展覧会情報

グラバーが運んだみらい展蒸気のひみつ

開催期間

2021年4月29日 〜 2021年8月29日 まで

概要

長崎の観光所「旧グラバー住宅」の主人、トーマス・グラバー。貿易商人である彼が幕末の日本に数多くのものをもたらしました。西洋技術もその一つ。なかでも蒸気機関は私たちの暮らしを大きく変えるものでした。SLや蒸気船が走り、たくさんの人や荷物を遠くまで運べるようになりました。やがて日本は近代化への道へと走り出します。
今回の展示テーマは、日本の産業革命に影響を与えた「蒸気機関」。旧グラバー住宅を原寸大で再現した展示空間で、蒸気機関のしくみやトーマス・グラバーの偉業を紹介します。蒸気の力がわかる体験ゾーンもご用意。グラバーが日本へ持ち込み、日本を大きく動かした「蒸気」のひみつに迫ります。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!