究極のガラス芸術 エミール・ガレ展

展覧会情報

究極のガラス芸術 エミール・ガレ展

開催期間

2021年3月5日 〜 2021年8月8日 まで

概要

幻の名作「フランスの薔薇大壺」など、ガレの名品が横浜に集結

19世紀後半に花開いた芸術運動「アール・ヌーヴォー」の代表作家であるエミール・ガレ(1846-1904年)。
ガレは「ガラス」という素材を徹底的に研究し、ガラス象嵌「マルケットリー」、ガラス彫刻「アプリカッション」などの超絶技法を開発、ガラスを芸術の域に高めました。
1889年・1900年のパリ万博ではグランプリを受賞し、フランスを代表する芸術家の地位を獲得するに至ったのです。
今展では「幻の名作」と呼ばれる「フランスの薔薇大壺」、マルケットリー技法の大型作品「紅葉」、また、ガレ没後に親族が継承した工房(1904-1931)で制作された大型ランプなどを展示致します。横浜でガレガラス芸術の魅力をご堪能ください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!