木村裕治展落穂を拾う

展覧会情報

木村裕治展落穂を拾う
TimeTreeで予定登録する Googleで予定登録する
終了(予定登録はできません)

開催期間

2021年3月23日 〜 2021年4月24日 まで

概要

木村裕治は、武蔵野美術大学造形学部を卒業後、森啓デザイン研究室、10年間在籍した江島デザイン事務所を経て、1982年木村デザイン事務所を設立。アートディレクターとして創刊号から参加した『Esquire日本版』をはじめ、『翼の王国』、『ミセス』、『ハイファッション』、『和樂』、『暮しの手帖』、『朝日新聞GLOBE』といった、数々の雑誌を中心に、書籍、新聞など、日本のエディトリアルデザインを牽引してきました。

明快な構成、写真やイラストレーションを引き立てるレイアウト、効果的な余白。強さと繊細さを併せ持つ木村の美しい誌面づくりのスタイルは、年月を経ても古びることなく、手に取るたび、ページをめくるたびに、みずみずしい洗練を感じさせます。

フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品「落穂拾い」。木村は、仕事をするなかで、また日々の生活のなかで、いつのまにか自身が収集してきたものを「落穂」と呼びます。しらずしらずのうちに木村の目や心に留まり、選ばれ、運び込まれた「落穂」の数々。今回の展覧会では、木村のキャリアと共に長い年月にわたり集められ、そこここに無作為にこぼれ落ちている「落穂」たちを、もう一度拾い上げ、検証してみようと試みます。その「落穂」は、今までの木村の仕事を形作る上でどのような影響を与えてきたのか。この果てしない木村の「落穂拾い」との格闘は、どのような景色をわたしたちに見せてくれるのか。木村デザイン事務所設立から約40年。木村にとって日本での初めての個展となります。どうぞご期待ください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!