収蔵作品展40年目のバトン—人とエピソードから振り返る—