渡部雄吉作品展張り込み日記(JCIIフォトサロン)

展覧会情報

渡部雄吉作品展張り込み日記(JCIIフォトサロン)

開催期間

2021年3月30日 〜 2021年4月25日 まで

概要

 JCIIフォトサロンでは、来る2021年3月30日(火)から4月25日(日)まで、渡部雄吉作品展「張り込み日記」を開催します。

 渡部雄吉(1924~1993年)は、1950年代から『文藝春秋』『中央公論』などのグラビアページで活躍し、1960年以降はエジプトやアフリカ、アラスカ、ヨーロッパなどへの海外取材を重ね、戦後フォトジャーナリズムを支えた写真家として知られています。多数の名作がある中で、今回は、実際の事件捜査に密着したドキュメンタリー作品「張り込み日記」(53点、全てモノクロ)をご覧いただきます。

 1958年1月に茨城県水戸市でバラバラ殺人事件が発生し、警視庁捜査1課のベテラン刑事と茨城県警から派遣された若手の刑事が合同捜査を担当しました。同年4月に二人の刑事を20日間にわたって密着取材した渡部は、盛り場や商店での聞き込み、上野駅での張り込み、捜査本部での会議、容疑者を追い詰める取り調べの様子などを撮影しました。渡部の熱意により、事件と向き合う刑事の気迫と東京の街並み、そして、高度経済成長に足を踏み入れた昭和という時代が活写された優れたドキュメンタリー作品となっています。

 本作品は、撮影された1958年に刊行の総合雑誌『日本』(大日本雄弁会講談社)6月号に一部が掲載され、JCIIフォトサロンでは渡部氏没後の1994年に開催の回顧展で約20点を展示しています。その後、2011年にフランスで写真集にまとめられると世界中で評判になり、日本でも2種類の写真集が発売されました。渡部氏のネガを収蔵しているJCIIではこの度再調査を行い、今回は『日本』掲載の全作品を含む新しい構成でご覧頂きます。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!

同じ会場の展覧会