和書ルネサンス江戸・明治初期の本にみる伝統と革新

展覧会情報

和書ルネサンス江戸・明治初期の本にみる伝統と革新

開催期間

2021年4月17日 〜 2021年7月18日 まで

概要

日本では江戸期から本格化する印刷出版が、古典の伝統をつなぐ大切な役割を果たしました。たとえば『源氏物語』。平安盛期に紫式部が書きのこしたこのテキストは、原本が霧散した後も学者らによる校訂校閲が繰り返され、江戸に華ひらく出版文化により、武家から町人まで広く『源氏物語』をたのしむ時代がやってきたのです。今回、ギリシャ・ローマ古典を再発見したヨーロッパの文化運動ルネサンスに例えて、‘和書ルネサンス’とよんでみることにしました。古典文学と印刷出版の関わりを、三部構成で検証してまいります。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!