篠田桃紅と抽象の世界