久泉迪雄の書斎から—“悠かなり 富山の文化”