没後30年記念笠松紫浪—最後の新版画

展覧会情報

没後30年記念笠松紫浪—最後の新版画

開催期間

2021年2月2日 〜 2021年3月28日 まで

概要

笠松紫浪(1898~1991)は、大正から昭和にかけて活躍した絵師です。鏑木清方に入門して日本画を学び、大正8年(1919)、版元の渡邊庄三郎から新版画を刊行しました。その後、昭和7~16年(1932~41)には、モダンな東京の街並みや温泉地の風情を淡い色彩で表現した新版画を、数多く制作しています。戦後は渡邊庄三郎から離れ、昭和27~34年(1952~59)、芸艸堂から版画作品を刊行しました。新版画の初期から関わり、戦後になっても精力的に版画を制作し続けたという意味で、紫浪は「最後の新版画家」であると言えるでしょう。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!