収蔵品展作家身のまわり—その2