ショーン・タンの世界展どこでもないどこかへ

展覧会情報

ショーン・タンの世界展どこでもないどこかへの展覧会画像

概要

ショーン・タンは、約5年におよぶ制作期間を経て、2006年に移民をテーマにしたグラフィック・ノベル『アライバル』を発表しました。テキストを使わずに緻密にイメージを組み立ててつくり上げたこの物語は、すぐさま国境を越えて世界中の人々を驚かせました。本展は、タンの全面的な協力のもとに開催される日本初の大規模な個展です。彼が最初に絵と文を手がけた絵本『ロスト・シング』から最新作までの原画と習作のほか、スケッチ、映像作品、変な生き物をかたどった立体作品も含め約130点の作品を展示し、彼がつくる奇妙で懐かしい世界をたっぷりご紹介します。本展開催を記念して、タン本人が九州をイメージしたスケッチの描き下ろしを制作。本展会場のみ、その原画も展示します。

1974年オーストラリア生まれ。

幼いころから絵を描くことが得意で、学生時代からSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。2006年に刊行した『アライバル』は現在23の言語で出版されている。<br>
 イラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプト・アーティストとしての活動の場をひろげている。
 約9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。同年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。2020年、ケイト・グリーナウェイ賞受賞。

TimeTree予定登録 Google予定登録
終了(予定登録はできません)
2020年12月12日 〜 2021年1月31日 まで
所在地

関連記事

B!
今後の励みになりますのでシェアをお願いします!