明治から平成皇室とふくい—行幸・行啓の記録と記憶—