藤田嗣治心の旅路をたどる—手紙と手しごとを手がかりに

展覧会情報

藤田嗣治心の旅路をたどる—手紙と手しごとを手がかりに

開催期間

2023年12月16日 〜 2024年2月25日 まで

概要


アサヒグループ大山崎山荘美術館で開催中の『藤田嗣治心の旅路をたどる—手紙と手しごとを手がかりに』は、明治の日本から単身渡欧し、エコール・ド・パリの代表的な画家として活躍した藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886-1968)の人生とその心の旅路を、手紙や木工細工、妻のために遺した作品などを通じて、多角的に紹介する展覧会である。

藤田は、乳白色の肌を描いた裸婦や猫などの作品で人気を博し、また彼自身の個性的な風貌や言動でも一世を風靡した。しかし、その数奇な人生を歩んだ藤田の人となりやその時々の心もちは、いまだ謎に包まれたままである。

本展では、藤田が親しい人々に送った手紙や、生涯を通じて作りつづけた「手しごと」ともいうべき木工細工、妻のために遺した作品などを通じて、彼の人生とその心の旅路をたどることを試みる。

特に見どころは、藤田の妻、加子夫人宛ての手紙である。この手紙には、藤田の結婚生活や、戦時中の疎開生活、そして晩年の思いなどが、率直な言葉で綴られている。また、藤田が妻のために作った木工細工は、彼の繊細な感性と、妻への深い愛情が表現された作品である。

本展は、藤田嗣治という稀代の芸術家を、新たな視点から理解する機会となる。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!