工芸教育の精華—納富介二郎とデザインの思想—

展覧会情報

工芸教育の精華—納富介二郎とデザインの思想—

開催期間

2022年7月23日 〜 2022年8月28日 まで

概要

金沢工業学校(石川県立工業高等学校の前身)は、日本で最初の工芸とデザインを専門的に教育する学校として、明治20年(1887)に石川県勧業博物館の一部を仮校舎として開校しました。納富介次郎を初代校長として迎えたこの学校は、日本の伝統的なものづくり思想に西洋のデザイン思想を融合させた創造的なカリキュラムにより、多彩な工芸・デザイン教育を展開します。その結果、石川の工芸は今日工芸王国と称されるまでに発展を遂げ、日本の工芸文化を先導する役割を担うまでになりました。

本展は、金沢工業学校の開校以降、石川県にゆかりのある工芸教育者たちにより制作された作品や図案、図書資料等を一堂に展示することで、工芸王国石川が誇る先進的な工芸・デザイン教育の全容と、各時代の教育者たちがもつ教育理念や工芸文化に対する想いなどを理解して頂くことを目的に開催するものです。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!