寅年新春記念展—丹波を訪れた近代日本画の巨匠たち—

展覧会情報

寅年新春記念展—丹波を訪れた近代日本画の巨匠たち—
TimeTreeで予定登録する Googleで予定登録する
終了(予定登録はできません)

開催期間

2022年1月15日 〜 2022年3月13日 まで

概要

 丹波を訪れた4人の近代日本画の巨匠・幸野楳嶺(こうの ばいれい)(1844~1895)、小川芋銭(おがわ うせん)(1868~1938)、富岡鉄斎(とみおか てっさい)(1836~1924)、大橋翠石(おおはし すいせき)(1865~1945)を取り上げる新春記念展を開催します。本展では豊かな穀倉地域である丹波の地を訪れた画家たちのエピソードを、彼らが丹波市内に残した作品を通して紹介します。また、「寅年」に因んだ翠石の「虎」作品をはじめ、市外で所蔵される作品も併せて展示します。

  「河童の芋銭」と呼ばれた茨城出身の小川芋銭は、市島地域の西山酒造の・西山泊雲との出会いを機に、丹波を訪れました。泊雲宅付近の石像寺に滞在して絵画制作を行い、のちに西山家と親戚関係となるまでに親交を深めました。西山家を中心に丹波には今もなお芋銭の作品が数多く残されています。

  「最後の文人」と呼ばれた富岡鉄斎は、生涯1万点以上の作品を残したとされています。その他、日本南画協会の発足に関わり、学者や教育者としても幅広く活躍しました。鉄斎の実母は春日地域の生まれで、鉄斎自身も青垣地域への逗留経験があり、丹波との縁が深い画家の一人です。

 幸野楳嶺は、円山派・四条派に学んだ画家として、また竹内栖鳳などを輩出した教育者としても有名です。楳嶺は、明治4年に氷上地域に半年余り滞在した際、求めに応じて画筆を執ったと伝えられています。

  「虎の翠石」と称された岐阜出身の大橋翠石は、まるで生きているかのような迫力と緻密さで描かれた「虎」の絵画で国内外から高く評価されました。翠石が昭和初期に柏原地域の岡林写真館へ山南地域の川代渓谷の写真撮影を依頼したことから始まりました。現在も写真館には岡林家の人々と写った写真や、一家の目前で書き上げたという絵も残されています。

 本展には寅年にちなむ作品の他、七福神など縁起のよい主題の作品も展示しております。4人の画家の個性を見比べながら新春記念展をお楽しみください。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!

同じ会場の展覧会