『坂の上の雲』完結50周年明治日本のリアリズム—未来へ

展覧会情報

『坂の上の雲』完結50周年明治日本のリアリズム—未来へ

開催期間

2023年2月21日 〜 2024年2月12日 まで

概要

『坂の上の雲』完結50周年明治日本のリアリズム—未来へ」は、司馬遼太郎の代表作である小説『坂の上の雲』が産経新聞に連載されてから50年を記念して、産経新聞と坂の上の雲ミュージアムが共催する企画展です。小説は、松山出身の秋山好古、真之兄弟と正岡子規の3人を主人公に、明治日本が近代国家として成長していく過程と日露戦争を描いています。企画展では、小説の内容や背景を、資料や写真、映像などで紹介します。また、小説に登場する主人公3人の足跡や、明治時代の人々の生活や思想なども展示します。明治日本が西洋をモデルにしながらも自らの目や耳で得た情報をもとに現実を見つめ、なすべきことを着実に実行していったリアリズムを、事象と人物の両面から描き出します。
» 展覧会公式サイトへ行く
この展覧会をSNSでシェアしよう!
B!